僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 真下ちづる



無職の僕が訳あってちづる叔母さんの家に居候し始めて半年。なんとかバイトする事は出来たが肩身の狭い毎日を送っている。毎日のようにちづるさんの娘のアイツに暴言を吐かれる。ちづる叔母さんは優しくて綺麗で可愛らしいのにアイツはどうしてああも性格が悪いのだろうか。でもアイツの言っている事は事実なので仕方がないのだけれど。今日もアイツはイラつき暴言を吐いた、さすがの僕も気が滅入ってしまい落ち込んだ。するとちづる叔母さんがなんでも相談にのると言ってくれた。僕は多い切ってちづるさんに一度でいいから抱きしめて欲しいとお願いしてみた。ちづるさんは一度だけだからと僕を受け入れてくれた。ちづるさんは口と手で僕を気持ちよくしてくれ、あまりの快感に僕は2度も発射してしまった。次の日、ちづるさんの事が頭から離れなくなっていた僕は女性について知りたとちづるさんに言い。女性はオナニーをするのかという事を聞いた。驚くちづるさんだが僕の熱意に負け、ゆっくりと手を股間へと近づけた。下着を脱ぎ、僕にわかるように秘肉を押し広げると指先で愛撫する。その姿に思わずチン○を扱き僕は発射した。僕の雫を舐めとったちづるさんは指の動くが激しくなると体をのけぞらせイってしまった。僕はたまらずちづる叔母さんに覆いかぶさるとちづるさんの中に挿入した…



作品詳細

女優名 真下ちづる
レーベル ALEDDIN
監督 九十九究太
価格 1,480円
商品番号 18sprd01263

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 07日

    この手の作品なら男優は若い人を使うべきです。
    どう見ても男優が女優さんより年上にしか見えないんですよね。
    童貞感も無いです。
    若い童貞からの応募は山ほどある筈なのでそちらを採用してはどうでしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る