【超スケベ美巨乳】一度ヤラセて欲しい、隣の巨乳シングルママ。父兄会で知り合った他人パパに発情して自宅不倫SEX 三船かれん



バストやヒップが勝手に強調してしまうグラマラスな美人シングルマザーのかれんさん。忙しい日々にストレスも溜まるそう…唯一のストレス解消は娘を保育所に預けた後のオナニータイム…だったが満足できず他人パパを誘惑!久しぶりの男の匂いに発情し自宅不倫SEXに!唾液を絡ませ濃厚キス!超肉パイズリ!肉棒に喰らいつく淫乱ママの性攻撃!イキまくり「中に出して!」もうヤリたい放題!誰でもイイからザーメンちょうだい!



作品詳細

女優名 三船かれん
レーベル オーロラプロジェクト・アネックス
監督 桐島蘭
価格 1,980円
商品番号 apak00183

関連記事

新着アダルト動画サンプル

不貞な上下関係 松下紗栄子 / #松下紗栄子 | 家でも会社でも厳しく、主任として活躍する主婦OLが松下紗栄子の役どころ。 バツイチのちょい悪上司(大木)と金沢に出張。最初の夜、上司が紗栄子の部屋を訪ね襲い掛かり、無毛の恥部を剥き出しにし「ここはすごくいい匂いだよ」と言われて紗栄子の抵抗が緩み、腰をくねらせ悶えて挿入を許し、快感に歓喜して射精後の掃除フェラまで受け入れる。後背位時に見せる双丘の盛り上がりの美しさは見事。  会社へ戻っても、皆が帰ったオフィスで上司に誘われ会議室で刺激的な愛撫とセックス。恥部への愛撫を求めて突き出されたお尻や股間が艶めかしい。ブラウスもスカートも着たまま挿入され、ソファーで繰り広げられる不倫セックスは中出しで果てる。自宅へ帰り浴槽で思い出しながらのオナニーはとても気持ちよさそう。気付いて欲しいのに全く気付かない旦那。  再び、試作品をだしにマッサージ台でオイルマッサージの虜にされる紗栄子。乳首から陰核そして膣まで揉みしだかれ興奮の極みに至る。またある早朝には、皆の出社前に上司の肉茎にしゃぶりつき口で精子を受止める。  ある日は休日出勤と偽って上司の部屋を訪ね、欲望のままに奔放なセックスを繰り広げる。真っ白でオシャレな下着を脱がされ股間を愛撫されてのけ反り、膣を掻き回されて痙攣し、肉茎をしゃぶりまくって勃起させ膣を擦り付ける。四つん這いで挿入した後は、快楽を貪るように腰を振り続け‘吊り橋’で絶叫し、最後はまたも中出し。妊娠して、“気付いてくれないと思っていた旦那は、実は気付いていた”ことを知らされる。

2020/09/30 18:03 [おすすめAV無料サンプル動画]


コメント

    • 匿名
    • 2020年 3月 05日

    エロい胸してますが、肉付きも良いので跳ねる度に揺れる肉がいやらしいです。
    何度も絶頂し、顔やカラダを紅潮させながら茫然自失の状態になるのが良い。
    特に騎乗位は見応えあります。

    • 匿名
    • 2020年 3月 13日

    他人パパに発情する三船かれんですが、この作品は超スケベな三船かれんを見たい人にはオススメですね。デビューからこれまでにないエロさが見られるので超オススメ作品かなと思います。おっぱいモミモミてんこ盛りですし、エロい表情も完璧です。おっぱい星人にはうれしい作品かなと思いますね!

    • 匿名
    • 2020年 8月 17日

    初見の女優さん。
    ジャケより整った派手な顔立ち。
    大きめのリアクション。文字にすると「ああん!」「あふーん!」「あんあん!」。
    情的に秘めた感じはなくって、女優の方から「いよっしゃいくぜばちこーん」ってスポーツ寄りのプレイ。

    • 匿名
    • 2020年 8月 20日

    性に飢えたシングルママを好演。
    中頃のバイブオナニーしながらのフェラ口内発射抜きは、口内に発射された精液が口から流れ出されるまで秀逸でした。

    • 匿名
    • 2020年 8月 31日

     作品の作り方が嫌いでしばらく遠ざかっていたオーロラの作品を久しぶりに見た。
     チンピラ風の男が登場してでっかいモザイク、化け物のような男の見るに堪えない舌など、とにかく大嫌いな作風だったのが、久方ぶりに見ると、結構まともな作りになっていたので評価できる。
     屋内だけでなく屋外撮影も多用してもう少しかれんちゃんの魅力を引き出すような作り方にしてもらいたいところだが、絡みそのものは悪くない。ただアップを多用してていいカメラワークだとは思うが、同じような絡みが続くので少し単調な感じも
     

    • 匿名
    • 2020年 9月 14日

    おカラダは言うことナシの「かれん」嬢。
    頻繁にガチイキ痙攣を晒しまくり、本作はそのカラダを活かした「エロ」で満ち溢れていた。
    相変わらず、精子も精飲も苦手なままではあったが、
    彼女に取って本作は、後の大きな半歩に成り得る作品とも思えた。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る