中出しまでのカウントダウン。 霧島レオナ



夫が転勤となり、不慣れな街で夫を支えていたレオナ。それから2年が経ち、東京へ戻れる事となり引っ越しは10日後―。夫は仕事の引き継ぎで忙しく、自宅で仕事をする事も増え夫の上司の梅田もしばしばやって来ていた。そんなある日、その梅田にレオナは押し倒されてしまう。そして、強引に肉棒を挿入されると「5、4、3…」と梅田は膣内射精までのカウント始めるのだった。その屈辱的なカウントダウンは引越し日まで続き…。



作品詳細

女優名 霧島レオナ
レーベル Madonna
監督 朝霧浄
価格 1,980円
商品番号 juy00983

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 30日

    ザーメン発射をカウントダウンするなんて・・・,「疑汁です」と言っているようなもの。
    最高に興奮して,いざ発射ともなれば,カウントダウンなんてしていられません。
    本作は,人妻に扮した霧島レオナを夫の上司が凌辱する設定です。
    霧島レオナは,美麗なお顔をしていて,素でもフェロオン全開なので,
    性欲の制御がききません。
    チ○ポは勃起,そのまま生ハメして,オ○ンコ中出し。
    そんな事が何日も続くと,その感触にハマってしまい,無類の快楽イキをするレオナ。
    3Pなどなく,ハードさには欠けるけど,普通に抜けます。
    いい女です,霧島レオナ。

    • 匿名
    • 2019年 10月 11日

    女優はカラミのときちゃんと目を開けてるタイプで、演技に対してもカラミに対しても前向きな誠意が見える。しかし根本的に演技力不足で、しかもこの作風は女優の演技力がかなり大きくものを言うため、作品の完成度としては微妙。

    女を犯しながら中出しを予告し、抵抗を押さえつけて絶望と無力感を味合わせながら中出しを決めるというアイデアはいいと思うのだが、その絶望感を表現する女優の演技力が不足してるし、男優も即抜き汁見せのやっつけ中出し演技で、女を征服した余韻を表現するような後戯にも欠ける。

    中盤の疑似ハメは仕方ないにしても、後半は女が堕ちた状態での中出しなのだから、前半とは違って中出しの瞬間を待ち望むような演技が欲しかったと思うが、そうしたギャップを演じるだけの演技力は女優にはなかった。男優も前半の中出しでは傷心の女をいたぶるようなレイプキスの余韻を楽しみ、後半の中出しでは完堕ちした女と愛のあるキスを交わすような後戯の演技ができなかったものか。

    序盤の夫婦の愛のあるセックスだと思わせたシーンが実はレイプで妊娠した場合に備えてのアリバイ作りだったり、夫がいる隣室での拘束放置プレイだったり、中出しされた精子が時間差で太ももに垂れてきたりと、最近のAVが手抜きの限りを尽くす傾向があるのに反して台本にも創意工夫が見られ、作り手の姿勢はとても高評価。

    それだけにこの作品の完成度で幕を閉じるのは惜しい。今後も改良を重ね、演技力のある女優と男優で進化を続けてほしいところ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る