屈辱の保護者会 濃厚親父の汗・涎・精液まみれ孕ませ輪姦 山岸逢花



誰もが羨望の眼差しを向ける元女子アナの美人妻・山岸逢花。保護者会に参加しなかった事を理由に「懲らしめ」のターゲットにされてしまう。媚薬を盛られ朦朧とする意識、押し倒され抵抗できずに子宮内に精子を流し込まれ何度も絶頂する逢花。写真をネタに性欲の捌け口にされオヤジ達のチンポを代わる代わる咥えご奉仕。繰り返される凌辱絶頂に溺れ、夫を忘れて中出しセックスを楽しむメスへと変わっていく…。



作品詳細

女優名 山岸逢花
レーベル エレガンス
監督 サッポロ太郎
価格 1,980円
商品番号 pred00111

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • 匿名
    • 2018年 11月 05日

    元女子アナ,山岸逢花。
    本作は,美麗なルックへのねたみと,保護者会に出席しなかったことを理由に,
    凌●されてしまう人妻女子アナの設定です。
    オヤジの生チ○ポで犯●れるお口とオ○ンコ。
    攻めフェラが強い口性器だし,逆に,そんな穴を●すと,より興奮するでしょう。
    〆は,孕ませ目的のオ○ンコ中出し。
    また,媚薬の効果もそれなりに演じますが,そこそこの演技ぶり。
    まだまだ「元女子アナ」をウリにする山岸逢花。
    AV女優として稼いでいる,山岸逢花。
    この程度の輪●は,まだまだ序の口,もっと,もっとエロ強い女になれ!!

    • 匿名
    • 2018年 11月 06日

    まぁエッチが好きな人がAV女優をやっているのだとは思いますが、この女優さんはかなりスケベだと思います。中出しされるのが本当に好きなんだなと伝わってきました。中出し作品というのは、女優が『妊娠』とか『赤ちゃん』というセリフを言うと、格段にエロさが増します。この女優さんはそういうセリフもエロくて非常に良かったです。

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    逢花さん、ダメ.やめてと言いながら勝手に腰が動いちゃうんだね、根っからのエッチ好き、めっちゃいいです、女体に落書きしたり、大人数でのエッチは好まない集中できないので、そんな中で逢花さんが自然と腰を動かしたり、ヤラしいフ○ラしたりと孤軍奮闘する姿に興奮、エッチが好きなんだなぁと思う、こんな女性が近くにいたら、お願いとばかりにモーションかけまくると思う!

    • 匿名
    • 2019年 2月 07日

    体型がかなり危険ゾーン。もともと胸や尻がでかいタイプでもないから、こういう感じで太っちゃうと体にメリハリがなくなる。元女子アナの設定とか、無駄にハードル上げるだけなのでやめたほうがいい。普通の主婦で生活感のある役どころのほうがまだマシ。

    演技力はあるほうだと思うし、男優は吉村でカラミのレベルは高いのだがカメラワークは微妙。特にこういう中出しものだと、射精後に女優の顔を映しに行くかマ○コを映しに行くかでタイプが分かれるのだが、このカメラマンは完全にマ○コ派の下半身重視主義。チ○コの抜き差しが「主」で顔は「従」の画作りが基本なので、女優の表情の演技などを拾いきれておらず、持ち味を生かせていない。

    最近よく見る、女優を横向きにしての中出しも女優の顔が横向きになるので微妙。もうちょっと女優の表情が見やすいカメラワークってものを考えてほしい。

    • 匿名
    • 2019年 2月 08日

    エロい女に徐々に剥がれていくのが良いですね!
    吉村のエロさもある意味技あり!
    やっぱり男優も大事だね!

    • 匿名
    • 2019年 11月 11日

    話はメチャクチャですが、意外に楽しめました。中程のトイレでのフェラチオシーンが良かったですね。派手な設定の役が多いですが、主婦役が似合ってました。

    • 匿名
    • 2019年 12月 09日

    ただただ良かった。
    こんなシチュエーションに陥ったときに性は破裂するのでしょうね。

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    保護者会懇親会レベルで媚薬まで使うか?
    せめてビールで乾杯して、少しアルコール度数を上げて
    酔わせた方が素直な展開です。
    また逢花嬢の白い肌に落書きする意味が不明。
    完落ちしたシーンは、
    例えば中華料理の円卓に乗せられ、順番に中出しされるとか。

    最初のカラミは良かったのに、もったいない作品。
    素材の良さ生かしきって下さい!?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る